玄米菜食



まごころ館の食事は、毎日炊きたてのご飯手作りの料理で「とっても美味しい」と評判です。

でも実は、美味しいだけじゃない秘密があります!

まごころ館の食事の秘密は・・・ 

深川の契約農家さんが特別に減農薬でまごころ館の為に作ってくれているお米を使用。

認知予防や改善はもちろん、身体や腸にもいい《玄米菜食(マクロビオティック)》を取り入れている。

お出汁は【昆布】と【シイタケ】でちゃんととっている。

化学調味料を使わず、お塩も合成のものは使用しない。

調理スタッフの<まごころ>が込められている♪


こんな色になるまでしっかりお出汁を取ります。

美味しいお味噌汁も煮物も全部このお出汁で作っていますよ。

まごころ館の玄米菜食(マクロビオティック)は
癌のトータルケアを行っている島村トータルケアクリニックhttp://koshu-ya.xsrv.jp/?page_id=1937の 島村善行医学博士と、奥様の伝統料理研究家島村はる代先生の所に行って直接ご指導いただいてきました。

 

玄米菜食の一例です。
このお料理には全く動物性タンパク質の食品が入っていないんですよ~!
お肉のように見えるものは大豆から出来ています。植物性のタンパク質なんです。
マヨネーズにも卵が入っていません。

とはいっても、やはり白米やお魚やお肉も食べたいという事で、
玄米菜食を取り入れている日は1週間で3日です。

 

今日も美味しいご飯をいただきます♡

 

ひなまつり会



ひなまつり会

3月3日にひなまつり会が開催されました。

当日までに華やかな会場準備に取り組まれた入居者の皆様。

 

手作りひな人形の製作風景です。

こちらも入居者様と職員によるひなまつり会に向けての壁面飾りです。

女性の入居者様は壁面飾りをご覧になり、うっとりされていました。

 

いよいよ、3月3日のひなまつり会です。

昼食は、ちらし寿司やご馳走が並びました。

おなかがいっぱいになったところで皆様で記念撮影会を行いました。

どなたもお内裏様とお雛様になりきっておられました。

こちらの方々は皆様ご夫婦です。

笑顔いっぱいのお内裏様とお雛様です。

続いて、入居者様が楽しみにされていた余興のお時間です。

素敵な「フラダンス」の舞をご覧いただきました。

職員も飛び入り参加です。

入居者様も飛び入り参加され楽しまれていました。

いよいよ、ひなまつり会も終盤です。

職員による大正琴の演奏にのせ、きれいな歌声が響きました。

皆様、昔を懐かしむ楽しい会になったようです。

おやつには、手作り桜餅と甘酒で心も身体もぽっかぽかになられた入居者様でした。

素敵な笑顔いっぱいのひなまつり会でした♪

 

 

 

 

 

サービス付き高齢者向け住宅

まごころ館

〒078-8262

北海道旭川市東旭川南2条6丁目1-2

TEL:0166-36-5818

FAX:0166-36-5868

カテゴリー

最近の記事

ログ検索

過去ログ